Top >  コラーゲンの役割 >  コラーゲンと皮膚

スポンサードリンク

ドクターシーラボ・アクアコラーゲンゲルを
生み出した「シロノクリニック」

しみ・しわ・ニキビ跡など様々なお悩みに!1995年の開業以来、10万件以上の症例実績があります。
WEBからの初診のご予約で初回カウンセリング料3150円無料!

若返り・アンチエイジングの詳細情報

コラーゲンと皮膚

三層構造をしている人の皮膚ですが、一番上が表皮、真ん中にあるのが真皮層、一番下が皮脂組織です。
コラーゲンは真ん中の真皮層にあります。
皮膚にはコラーゲンがあるので、張りやツヤがあります。しかし加齢とともに新陳代謝の機能が低下してくるので、皮膚にはしわが増え、ツヤがなくなり、たるんできます。またシミができたり、張りがなくなり、きめも粗くなります。
年をとるとともに、コラーゲンの新陳代謝も衰え、コラーゲンも新しいコラーゲンに変わらなくなってくるので、弾力性もなくなってきます。
その結果、水分を保湿する空間が狭くなり保湿できなくなり、かさかさした肌になるのです。
また、皮膚にできたメラニンが消えずに残ってシミとなってしまうように、皮膚の新陳代謝も衰えてきます。
老化による皮膚のトラブルを防ぐためにも、新陳代謝、代謝機能を強化する事が大切です。

 <  前の記事 コラーゲンと新陳代謝  |  トップページ  |  次の記事 コラーゲンとはどのようなものでしょうか?  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サーマクールのこと教えて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。