Top >  コラーゲンの役割 >  コラーゲンと肌の健康

スポンサードリンク

ドクターシーラボ・アクアコラーゲンゲルを
生み出した「シロノクリニック」

しみ・しわ・ニキビ跡など様々なお悩みに!1995年の開業以来、10万件以上の症例実績があります。
WEBからの初診のご予約で初回カウンセリング料3150円無料!

若返り・アンチエイジングの詳細情報

コラーゲンと肌の健康

表皮、真皮、皮脂組織の三層からできている皮膚。
コラーゲンはその中の二層目の真皮層にあります。
皮膚の90%を占めている真皮層は、その70%がコラーゲンで出来ているといわれ、コラーゲンの合成も盛んです。
またコラーゲンがしっかり働いていると皮膚の状態もよくなるので、表皮の状態も良くなります。
表皮はだいたい4週間ほどで新しいものに入れ替わり新しい表皮になり、古いものはあかとなり取れていきます。
コラーゲンの新陳代謝が良い状態だと、自然と表皮の新陳代謝も良くなります。
しかし、何らかの要因や加齢とともにコラーゲンの新陳代謝が落ちてきます。
そうなると、表皮の新陳代謝も落ち、いつもでも古い表皮が残るのです。
そうすると肌がかさついたり、くすんできたりします。しわが出来るのは、こういったコラーゲンの弾力性が失われた結果なのです。
肌の健康のために重要なことは、真皮層でのコラーゲンの合成や入れ替わりの過程だといえるかもしれません。

 <  前の記事 コラーゲンを多く含む食品  |  トップページ  |  次の記事 コラーゲンと新陳代謝  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サーマクールのこと教えて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。