Top >  サーマクールとは >  サーマクールのリスクとその内容

スポンサードリンク

ドクターシーラボ・アクアコラーゲンゲルを
生み出した「シロノクリニック」

しみ・しわ・ニキビ跡など様々なお悩みに!1995年の開業以来、10万件以上の症例実績があります。
WEBからの初診のご予約で初回カウンセリング料3150円無料!

若返り・アンチエイジングの詳細情報

サーマクールのリスクとその内容

リスクのない治療法というのはまずありませんが、外科治療やその他の治療法に比べて、サーマクールはかなりリスクの低い治療法です。
では、サーマクールのリスクとはいったいどのようなものなのでしょうか?
サーマクールは、電磁波(RF高周波)を使って、皮膚の真皮層のコラーゲンに働きかける治療器です。
電磁波には発熱作用があり、そのことで皮膚が熱くなります。
それを冷やしながら治療するのです。
熱くなるので、やけどの危険性はありますが、冷やながら施術するので完全なやけどになることはありません。しかし赤くなったり、腫れた感じを持たれる方もいるかと思います。
数日から1週間ほどその感覚が残る方もいるようです。収まりを早くするためにも、水などで冷やすとよいようです。
あまり急に冷やすと、コラーゲンの変性を阻害する可能性もあるので、水などで冷やすようにしてください。
まれですが、軽いやけどの症状である色素の沈着が残ったり、水ぶくれが出来る方もいらっしゃるようです。
サーマクールの治療においての危険性は、ほかの治療法に比べて少ないのですが、リスクがあることを知っておく必要があります。

 <  前の記事 サーマクールの認定医の称号  |  トップページ  |  次の記事 サーマクールの安全性とリスク  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サーマクールのこと教えて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。